その関節への痛みに|自宅療法の味方|クリニコは美味しい介護食を自宅まで届けてくれる
女の人

自宅療法の味方|クリニコは美味しい介護食を自宅まで届けてくれる

その関節への痛みに

お年寄り

原因から探る治療法

「尿酸」という物質が血液の中で増加することで発症する、それが痛風です。人間には老廃物を取り除く機能がいくらかありますが、その機能で処理できる尿酸の量を越えてしまうと、尿酸は組織に溜まりこんでしまいます。痛風は食事を原因とする生活習慣病です。治療するためには薬剤の投与もありますが、何より食事のスタイルを改善することがベストでしょう。これは痛風の治療だけではなく、防止にも繋がり得ます。まず、痛風の主原因となるのがプリン体。なぜなら、尿酸はプリン体が分解されたものだからです。プリン体といえばビールが最たるもので、他にも魚介類やきのこ類、レバー、特に乾燥させたものは危険とされますが、これは乾燥されているために凝縮されているからで、水に戻せばそれほどではありません。もちろん、なるべく控えた方が宜しいですが。

健康維持に繋がる

痛風の原因、尿酸。その尿酸の原因、プリン体。プリン体の原因、プリン体に含まれる食材。と、原因を探り、食事による治療法を述べましたが、食べる物に関わらず尿酸が増えてしまう食事があります。水分の少ない食生活を送ると、尿の量が減るために尿酸の処理が成し難いものになります。また、大食いや早食い、偏食や欠食、寝る直前の食事などは控えましょう。これらは全て尿酸を処理する機能を低下させる原因になります。これらを抑えることで、尿酸が血液に多く含まれない身体になることでしょう。それは痛風以外の病気への有効策でもあって、特に痛風と併行する肥満や糖尿病の対策・治療になります。食事をより良いものへ意識することで、今よりも健やかな生活を送ることができるのです。